ホーム > コラム > 補助金・助成金・公的融資の基本 > 経営革新計画 > 東京都経営革新優秀賞~経営革新計画の知られざるメリットとは?

コラム

東京都経営革新優秀賞~経営革新計画の知られざるメリットとは?

2015年10月6日経営革新計画

東京都においては、経営革新計画の期間終了を控えた企業を対象に、経営革新計画の実現状況やその効果が発現するまでの創意工夫あるいはその結果として現れた経営指標などを審査し、特に優秀な企業を表彰する制度があり、東京都経営革新優秀賞と言います。

 

東京都経営革新優秀賞の応募資格は、東京都が承認した経営革新計画に基づき新たな事業を実施している中小企業もしくは個人となります。

 

東京都経営革新優秀賞のスケジュールとしては、例年4月~7月頃に応募受付が開始されます。その後、7月ごろより、東京都によるヒアリングのための企業訪問が行われ、8月に書類審査により一次審査、9月より二次審査(尚、一次審査・二次審査ともに書類審査となります)、10月より表彰企業決定、11月中旬に表彰式といった形で例年進められます。

 

東京都経営革新優秀賞には、最優秀賞優秀賞奨励賞の3種類がありますが、それぞれ最優秀賞は1社、優秀賞は3社程度、奨励賞は4社程度です。

 

上記の受賞者は、例年東京ビッグサイトにて開催される産業交流展のメインステージで表彰されます。またその取組について東京都経営革新HPや東京都経営革新計画事例集にて紹介されます。

 

ただ賞金等が出る訳ではなく、金銭的なメリットとしては、東京ビッグサイトにて開催される産業交流展の期間中の基礎小間料が無料となり、展示ブースに出展できるということくらいでしょうか?

 

ただし世界でも有数の都市である東京で表彰されたという実績には大きなブランド効果が伴います。ビジネスを勧めていく上で販路開拓や資金融資などあらゆる面で役に立つことは言うまでもありません。

  • メールマガジン登録
  • 事務所概要

    藤永行政書士事務所
    〒150-0013
    東京都渋谷区恵比寿2-27-16-303

    050-3525-9805 お問い合せはこちら
    アクセスマップ
  • twitterはこちら